スピードラーニングの退会は手間がかかる??他に短期間で英会話をマスターする方法は??

スピードラーニングなどの英会話教材


プロゴルファーの石川遼選手が使っていることで一気に知名度を上げたスピードラーニング!!!

聞き流すだけで自然と英会話をマスターすることができると謳ってますが実際には相当な時間がかかるし、最初は英会話初心者の人にとってはとてもとっつきにくい内容だそうです(*_*)

退会とかももしかしたらめんどくさいんじゃないですかね??

今回の記事ではもっと短期間で英会話をマスターする方法を探っていきたいと思いますのでよかったら参考にしてください(‘ω’)ノ

  1. スピードラーニングの退会はここがデメリット
    1. 基本的に電話で退会申請するが時間が限られている
        1. お客様サービスセンター
    2. 退会してもスピードラーニングから届くメールは停止されない
    3. 会員情報誌の「ESPRIT CLUB」も止まってしまう
  2. スピードラーニングのいいところを挙げよう
    1. 「私ってしゃべれてた!」っていう感激
  3. それでも自信を持ちたければやはり英会話スクール
  4. イングリッシュブートキャンプの紹介
          1. 日本語禁止環境の始まり
          2. 英語チェックテストによるレベル分け
          3. オリエンテーション
          4. 心理的障壁の破壊
          5. 瞬間発話力の開発
          6. ランチは皆で楽しく一緒に
          7. 異文化コミュニケーション対応
          8. 実践英会話トレーニング
          9. 1日目の終わりと宿題
          10. 2日目の始まりの朝
          11. 応用ビジネス英会話トレーニング Ⅰ
          12. 応用ビジネス英会話トレーニング Ⅱ
          13. 感動のエンディングセッション
  5. トライズの紹介
        1. 1年1000時間の英語学習
        2. あなたの目的に合わせてカスタマイズ
        3. 英語を聞く力、話す力に集中
        4. レッスンはあなたが英語を話す場所
        5. 専属の専門家たちによるサポート
  6. シェーン英会話の紹介
    1. 英語指導経験豊富なネイティブ講師
    2. 40年間の指導経験のノウハウが結集したレッスン&カリキュラムデザイン
    3. ネイティブ講師と皆様をつなぐスクールカウンセラー
    4. 英語学習をサポートする続けやすく通いやすいシステム
    5. 国際基準の安心 第三者機関が選定した英会話スクール
  7. 終わりに

スピードラーニングの退会はここがデメリット

基本的に電話で退会申請するが時間が限られている

スピードラーニングの退会は基本的に電話で行います。

ただしこの電話を掛けられる時間帯が月曜から土曜の10時から17時までとなっていて社会人の方には少々厳しい時間設定なようにも思えます( ゚Д゚)

まあ仕事の休憩時間を縫って電話するか、土曜に電話するかの二択になりそうですね。

平日休みの方は気にする必要はなさそうですね(*‘∀‘)

お問い合わせ先の電話番号は以下の通りになります。

お客様サービスセンター

受付時間 月~土:10時~17時/日・祝を除く
携帯・PHS からもご利用になれます。
※番号のかけ違いが多発しております。十分にご注意ください

弊社ではお客様とのお電話をお客様対応の品質向上と、お客様のご要望を正確に把握するため、録音させていただいておりますのであらかじめご了承ください。

お問い合わせ・各種手続き
0120-556-968

 

退会してもスピードラーニングから届くメールは停止されない

毎月1回届く教材やアプリのコンテンツなどは泊まるのですが、スピードラーニングから届くメールだけは止まりません。

これはスピードラーニング会員向けサイトである「エスプリライン」の中の「マイページ」欄で、メールを受信するか停止するかを設定するようになっているようです。

図のようにエスプリラインのポータルサイトを開いて頂いたら、右上にマイページの項目があるのがお判りいただけるかと思います。そこから作業していただく感じですね(*‘∀‘)

携帯でよく届く迷惑メールと一緒ですよね( *´艸`)

受信設定をどうにかこうにかいじって止まるみたいなやつですね。

ただ中にはSpeak UP Radioのようにスピードラーニングの会員様オリジナルのラジオ番組なんかもあるみたいなので闇雲に止めないほうがいいのかもしれません。

上の動画がSpeak UP Radioの一部になるのですが、司会の二人が日常生活の中で気づいた様々なことに焦点を充てて話を展開していくものです。

会員情報誌の「ESPRIT CLUB」も止まってしまう

「ESPRIT CLUB」は会員様の体験談や英語に関する話題や教材をどう活用したらいいかなど、様々なお役立ち情報が載っているので、これも止まってしまうのは少しもったいないということで敢えてデメリットとして挙げさせていただきました。

「ESPRIT CLUB」はその他にも・外国での体験・各国の文化の紹介などが書かれています。参考になることが書かれています。

すごい受講生がズバッとたまにスピードラーニングに対して直球的に質問していたりするので、かなり面白い内容にはなっていると思います。

スピードラーニングのいいところを挙げよう

口コミを基にスピードラーニングのいいところを紹介していきます。

中村 久美子さん中村 久美子さん
(英会話教室講師)

「私ってしゃべれてた!」っていう感激

たまたま外国人からの電話に出たときに、向こうの英語がきちんと聞こえて、私も英語でしゃべってたんですね。

「私、いつの間にかできるようになってた!」っていうときがありました。
その「私ってしゃべれてた!」っていう感激は今でも忘れられません!
「やったー!」っていうか、すごくうれしかったですね。

よく英語ってなかなかできなくって、ポッと上がるときがあるって聞いてたんですけど、
その電話で会話ができたときが、私が一回ポッと上がった瞬間かなってそのときは実感したんですね。

でまた、ずっと聞いてても聞いてても、本当に自分は英語ができるのかできないのかわらかないっていう状態がずっと続いて、
そこでまた外国へ行ったりして、「はっ、以前よりよく聞き取れたわぁ」っていう経験をしたりしました。

実は一番最初に海外に行ったのが、オーストラリアでのホームステイだったんです。
そのときはもう『スピードラーニング』を始めていましたから、ある程度話すことに慣れていたんですけれども、
日本の歴史とか、経済とか、政治などの詳しい説明ができなかったんです。

やっぱりホームステイをしてると、そういうことを沢山聞かれるんですね。
最初は本当にたどたどしい英語でしゃべってたんですけど、また次に行ったときは、私の知識とか英語力が豊富になっていたので、向こうはもっと難しい質問を投げかけたりしてくるんですね。
そこで、それに答えられている自分がいるっていうのが、なんかどんどんどんどんうれしくなってきましたね。

上の口コミの何がいい点かって、英語の教材CDをただ聞き流すだけで英語が喋れるようになっていたという事実なんですね(*‘∀‘)

上の中村さんも言ってるように英語にはポッと上がる瞬間というのが必ずあります!!!

いわゆる英語脳に変化していってる状態なわけですね(^^)/

英語脳というのは英語で聞いたことをそのまま英語としてとらえられる状態のことです。

私たち日本人は生まれてからずっと日本語を使っているためにどうしても英語を聞いたら一度日本語に変換してから、それをイメージするということをやりがちです(´▽`)

それが英語脳になってくると日本語を介すことなく、英語で聞いたことをそのままイメージできるという状態に持ってけるようになります。

それだけ耳からの情報というのは大切ということですね(‘ω’)ノ

自分の好きな時間に好きなだけ英語を聞いていられるというのはスピードラーニングの長所であり強みですね(*‘∀‘)

それでも自信を持ちたければやはり英会話スクール

rawpixel / Pixabay

前の項目で紹介した口コミを見て、いいところはもちろん分かったんですが、気になるところがありました。

それがずっと聞いてても聞いてても、本当に自分は英語ができるのかできないのかわらかないっていう状態がずっと続いて

という中村さんのある意味本音が見えた部分でもありますね。

そうなんです

スピードラーニングをただ聞き流していても自分が今どの立ち位置にいてどれくらい成長しているのかがわからないんですねΣ(゚Д゚)

スピードラーニングは基本的には自分ひとりでやる教材ですから、誰も今の自分の力を推し量ってくれる人はいませんし、実際に英会話する機会も聞き流すだけではそんなにないでしょうから、やはりそうなってくると毎週のように議題を決めてグループレッスンや個人レッスンをやっているスクールにはかなわないかもしれませんね(;^_^A

しかも専属のコンサルタントやカウンセラーが毎日のように進捗状況を管理してくれて、模擬テストなどで自分の力が今どのへんなのかがわかる(*‘∀‘)

これがいわゆる何よりのモチベーションにつながりますし、継続力にもつながってくるんですね(‘ω’)ノ

何より成長する自分自身を見て、私は今確実に成長しているんだという自信を持つことができるわけですね(^^♪

では具体的にどんな英会話スクールがあるのでしょうか??管理人のおすすめスクールを3つほど紹介します。

イングリッシュブートキャンプ

わずか2日間という短い時間で英語が話せるようになるということを売りにしているイングリッシュブートキャンプです('ω')ノ
今やTVなどでも取り上げられて、劇的に英会話力が向上することでも話題になっています

今現在英語に自信がない方や少しでも自分の殻を破りたい方はこの2日間で人生観が変わるといっても過言ではないです!!!

イングリッシュブートキャンプでの2日間は徹底的なアウトプットをするので自然とあなたの脳が英語で物事を考える「英語脳」へと変わってゆく過程もお楽しみください(^^♪

トライズ(TORAIZ)

1年で1000時間もの学習を課すトライズは継続率と満足率が90パーセント以上を誇る優良英会話コーチングスクールです(^^)/

「本気で英語を身に着けたい人」を対象にしており1日平均で3時間以上もの学習が必要になります( ゚Д゚)

それでもトライズが人気なのはやはり講師やスタッフの温かいサポートと学習プランを自分で自由にカスタマイズできるという、あなたの目的にあったプランを作れるからです('ω')ノ

毎日少しづつ学習を継続してトライズでしっかりと英会話をマスターしていきましょう!!!

シェーン英会話

シェーン英会話はENGLISH FOR LIFE をテーマに掲げ,
全国に200校以上もある超大型英会話スクールです!!!

指導経験が豊富なネイティブ講師

40年間の指導経験のノウハウが結集したカリキュラムとレッスン

あなたとネイティブ講師をつなぐスクールカウンセラー

無理なく通えるシステム

国際基準の安心である第三者機関が選定した英会話スクール

以上の5つの特徴により、シェーン英会話は異文化を理解し、相手と分かり合えるような英語を使ってのコミュニケーション力を育むことを目的としています。

イングリッシュブートキャンプの紹介

イングリッシュブートキャンプは英会話スクールの中でも特殊というか革新的な英会話スクールで

何とわずか2日間で英会話の基礎をマスターしてしまおうという超短期型英会話スクールなのです(‘ω’)ノ

もうこれはスクールというよりも一種のプログラムといったほうがいいのかもしれないですねwww

2日間の20時間のレッスンの中で一切の日本語禁止の環境に身を置かせることで1日目のレッスンが終わるころは受講者の頭の中が英語脳に変わってしまうというめちゃめちゃ強力なプログラムです(^^)/

イングリッシュブートキャンプではセカンドベストイングリッシュという今持っている自分の英語力だけで相手に伝えることを目的として、少ないボキャブラリーでもパッションさえ持ってれば相手に伝えることができるというのを体現しているすごいスクールです。

ただ馬鹿みたいに身振り手振りで無理やり相手に伝えるのではなく、ちゃんと段階を踏んで最終的には論理的に筋道立てて会話できるようにする点はさすがの一言です(^^♪

説明が簡単すぎましたのでもう少し詳しく説明していきましょうか。

わかりやすいように2日間の流れを説明していきましょう(^^)/

日本語禁止環境の始まり

朝9:00過ぎから二子玉川ベース教室に集合します。

まずはジャズが流れコーヒーの香りが漂う教室で開始前のリラックス・タイム。
まだ、日本語で大丈夫。他の受講生やスタッフと気軽にお喋りすることで緊張もすぐにほぐれていきます。

英語チェックテストによるレベル分け

様々なレベルの生徒一人一人の学習効果を高めるため、まずは10分程度の簡単な単語・リスニングのテストによってグループ分けさせて頂きます。

またキャンプの受講前と後のスピーキング力の変化を見比べるため、スピーキングチェックテストを行います。

オリエンテーション

2日間の過ごし方等のオリエンテーションです。
キャンプ中のルールや注意事項について説明致します。(ここまでは日本語です)

また簡単な英語力のチェックテストを行います。プログラム中のレベル分けやチーム分けの指標にします。

心理的障壁の破壊

先ずは英語を話す上での心理的障壁を破壊します。

英話での対話における声の出し方、有効なジェスチャーの使い方、効果的なアイコンタクトを訓練します。また、英語で話すこと、あるいは英語で間違えることの恥ずかしさや躊躇を取り除いていきます。

瞬間発話力の開発

セカンドベストイングリッシュと呼んでいる「自分の言いたいことを瞬時に英語で話す」力の瞬間発話能力の開発が始まります。

独自のカードゲームやビデオ教材を用いて少しずつ「英語がパっと口から出てくる」感覚を養います。少しぎこちなさは残っても瞬間的に英語が口から出始めます。

ランチは皆で楽しく一緒に

濃密な英会話レッスンの合間のほっと一息タイムです。

もちろんランチの間も英語です。カジュアルな雰囲気のなかスタッフやインストラクターが盛り上げます。昼食時のさりげない会話の中にも多くの学びが存在するものです。楽しみながら学んでいきます。

異文化コミュニケーション対応

英会話を「異文化との対話」と捉え、言葉が出てこないときの無言を回避するテクニック等、英会話を無事に成り立たせるための様々な技法や、グローバル環境でも相手と意思疎通するために必要な会話の運び方を学びます。

英語に加えてグローバル・コミュニケーションスキルを得ることで異文化の壁を乗り越えていきます。

実践英会話トレーニング

より実戦的な環境にシフトしていきます。情報を収集して、整理、それをアウトプットしていくという実際の仕事や学問で起こるフローの中で英会話を成立させていきます。

話し方の構造にも目を向け、より効率よく、より論理的に話すことを目指します。 短時間でより多くの情報を効果的に伝達出来るだけでなく、コミュニケーションスタイルを日本のものからグローバル環境のものへと大転換させていきます。

1日目の終わりと宿題

初日最後のトレーニングです。これまでの学びを一旦整理し、自分の中で定着させます。

詳しい内容は当日のお楽しみですが、受講生の皆様から大変人気のあるセッションになります。

そして・・・実は宿題があります。自宅やホテルの部屋でもう少しだけ英語で頑張りましょう。この最後の一押しが効くのです。

2日目の始まりの朝

皆さんハツラツとされたお顔で意気揚々と登校します。

当然ながら朝から日本語禁止ですが、開始前のリラックスした時間を過ごし、最終日を乗り切る準備をします。ネイティブインストラクターは皆朝からハイテンションです。負けずに気持ちを盛り上げていきましょう。

応用ビジネス英会話トレーニング Ⅰ

実際に起こりうるストーリー(ケース)を用いたケーススタディで英語のディベートをします。

もう英語で自分の思いを伝えることを遠慮される方はいません。ここまでに習った英会話術を駆使して、皆さん自分の意見を論理的に述べられます

応用ビジネス英会話トレーニング Ⅱ

実際のビジネスシーンを想定したロールプレイによるトレーニングです。 クライアント役のネイティブ講師から得た情報をもとに最適な商品を提案し、最終的にはクライアントに向けてプレゼンテーションを行います。

ここまでの英会話トレーニングで得たものを全て発揮して取り組んで頂く総合演習です。

感動のエンディングセッション

最後には感動のエンディングが待っています。(サプライズがあります!)

以上の2日間の流れは公式サイトからの引用になります(*‘∀‘)

大体の流れがつかめたでしょうか??

これだけ濃密なプログラムをたったの2日間で行うというのですから、圧倒的なアウトプットの量だということが分かるはずです(‘ω’)ノ

もし土日休みの方であれば、土日に受けて次の週の月曜日からはもう別人のようになっているってことですからね。すごいことですよ!!!!!!

それでは続いて以下の動画を見て少しレッスン風景を見てみてください。


どうでしょうか??まるで別人のようになっているのがおわかりじゃないですか?

あれだけ自信のなさそうだった女性が2日間みっちりレッスンをやるだけでここまで変われるものなのかという感じですよね(^^♪

これは何年もかけたものではなくたった2日間でここまで変わっているのだからびっくりです。

以上がイングリッシュブートキャンプの簡単な紹介になります。

トライズの紹介

トライズは1年間で1000時間もの学習を受講生に課すスパルタな英会話スクールではありますが、驚きなのは受講生の継続率や満足率が90パーセントを超えるという超優良スクールなのです。

その理由がトライズの持つ5つの特徴にあります。

1年1000時間の英語学習
あなたの目的に合わせてカスタマイズ
英語を聞く力、話す力に集中
レッスンはあなたが英語を話す場所
専属の専門家たちによるサポート
では一つづつ説明していくとしましょう(^^)/
1年1000時間の英語学習

トライズでは冒頭でも少し触れましたが、週にして20時間、年間では1000時間の勉強時間を取っています。

一見スパルタに思える、この学習時間ですが、トライズが提唱する「本物の英語力」を身に着けるためには必須であり、1年学習した際には別人のように英語力が上達していることでしょう(*‘∀‘)

ではなぜ1000時間なのかっていうのがあなたも気になるところですよね??

それには科学的根拠に基づいたきちんとした理由があります( `ー´)ノ

以下の図を見てください

これはアメリカ人のが他言語を習得する際に必要な学習時間を表したものです(‘ω’)ノ

まず初めに私たちが普段話している日本語と英語というのは構造的にも非常にかけ離れたものです。

日本語というのは世界でも最も難しい言語の一つとされ、普段英語圏で生活している人が日本語を習得するのに要する時間はおよそ2200時間必要とされているようです( `ー´)ノ

そしてある著名な大学教授の研究結果によれば我々日本人が英語を習得するのに必要な学習時間はおよそ2200~2500時間ほどといわれています。

この時間が非常に重要な指標になっており、日本人は高校卒業程度の学力があれば、すでに中高で1200時間ほどは英語学習をしている計算になるのです(‘ω’)ノ

勘のいいあなたならもうお分かりではないでしょうか??

そうですトライズの1000時間の学習時間はこの2200から1000を引いた残りの1000時間を表したものなのです( ゚Д゚)

これがトライズが1000時間の学習時間を設けている理由です( `ー´)ノ

あなたの目的に合わせてカスタマイズ

トライズでは様々な目的や目標を持った人が入会しています!!

「会社に外国人の同僚が多いからうまくコミュニケーションをとりたい」「近いうちに海外転勤する」「MBAを取得したい」

などなど多種多様です(‘ω’)ノ

そのためトライズではその目的や目標に合わせたレッスンにカスタマイズすることができます♪

これは管理人が無料カウンセリングを受けているときに担当してくれたコンサルタントさんに聞いた話ですが、ほんとに細かく個人個人に合わせたカリキュラムを組むことが可能で、例えば管理人の場合であれば、管理人は学生時代から野球が好きで高校まで打ち込んでいたのですが、コンサルタントさんに将来の夢を聞かれたときにアメリカの西海岸に行って大リーグの球場を色々回って生で試合観戦したいということをお伝えしました。

するとコンサルタントさんの方から、それでしたらより野球に詳しいスタッフを手配することもできますというお話を伺って、ほんとに一人一人に合わせた柔軟なプランが組めるんだなということが改めてわかりました。

英語を聞く力、話す力に集中

トライズでは学校の授業でやるようなライティングやリーディングのレッスンは一切行いません。

それは日本人が最も苦手とする”英語を聞く力”、話す力”に特化して集中的に伸ばし「本物の英語力」

をつけることに重きを置いているからです(‘ω’)ノ

その際に発音などを細かくチェックすることもなく、比較的スムーズに学習は進みます!!!

プログレスチェック(発音のチェックは2週間に一回あります)

それを踏まえて以下の動画をご覧ください。

これはあのソフトバンクの社長である孫正義さんのとあるスピーチの一説ですが、なまりが多少あっても十分にコミュケーションが取れていることがわかると思います(^^♪

レッスンはあなたが英語を話す場所

基本的にトライズではネイティブの講師がレッスンをしますが、講師は英語をただ単に教えるだけでなく進行役としてレッスンを進めていきます(^^)

もちろんレッスンの主役はあなたを中心とした受講生ですから、受講生を中心にディスカッションをしていきます。

それがあなたの英語力を最大限に引き出すコツにもあってくるわけです(‘ω’)ノ

正直英語のインプット作業だったら自宅で一人でもできてしまいますよね!!!!

だからトライズでは話すことに重きを置いているのです。

管理人が無料カウンセリングに伺ったときに聞いた話ではありますが、毎回毎回受講生はネイティブ講師の指示に従ってトピックを考えてきます。

大体1レッスン1トピック考えてA4用紙にまとめるのですが、それが1年で50レッスンあると考えるとA4用紙50枚分にもなるわけです。

なのでそこには会話に必要な情報がたくさん書いてるわけですから、50枚もあれば世界に一つしかないあなただけの参考書ができるわけです。

というのも当然、人によってトピックの内容は違ってくるからなんですね(‘ω’)ノ

正にあなたに合ったカリキュラムで受講生の満足度が高いのも納得ですね(*‘∀‘)

 

専属の専門家たちによるサポート

これまで説明してきた英語のメソッドが正しいものであったとしても必要なのは継続性ですよね!!

ですからトライズではあなたにネイティブの講師と専属のコンサルタントが付きます。

日々の学習の進捗チェックや相談など、正しい学習へのサポートをしてくれます。

面談やプログレスチェックも先ほども少し触れましたが2週間に一回はやるので、身が引き締まりますよね(^^)/

だからトライズは継続率が90%を超える圧倒的な成果を生み出しているのです♪

特に5番目の専門家たちによるサポートというのがトライズでは非常に充実していて受講生のモチベーションを保っています(^^♪

先ほどから言っているようにトライズではただ単にスパルタなだけではなく受講生のことを親身に考えてくれる専属コンサルタントやネイティブ講師の存在が受講生のモチベーションを後押しします(^^♪
レッスンも講師はただの進行役として、受講生が英語を話すことを何よりの最優先事項として、いつでも受講生主体に考えてくれるスクールスタイルが満足率が高い要因のスクールです(^^♪
以下に紹介動画をのっけておきます

どうでしょうか??トライズの本気度がよくわかる動画ですよね(‘ω’)ノ

卒業生の方も言っていたように1年というスパンは決して短くはありません。

その中で調子が悪い時や忙しい時、英語に対してのやる気がない時なども専属のコンサルタントやスタッフが寄り添ってくれるくれることによって挫折しないで継続し続けることが出来る。

これが独学にはないモチベーション維持法なんですね。

料金は決して安くはありませんが、それでも本気で最短で英会話をマスターしたい人にとってはトライズは必須のスクールです!!!!(ちなみに料金は月額受講料:85,278円)です。

分割払いにも対応してますから詳しくはこのサイト内のトライズの料金に関しての記事もお読みください。

シェーン英会話の紹介

シェーン英会話は関東圏だけで180校以上、全国では200校以上もある超大手優良スクールです。

シェーン英会話ではレベルが6段階に分かれていますが、レベルによってテキストも変わってきます(‘ω’)ノ

指導経験が豊富なネイティブ講師
40年間の指導経験のノウハウが結集したカリキュラムとレッスン
あなたとネイティブ講師をつなぐスクールカウンセラー
無理なく通えるシステム
国際基準の安心である第三者機関が選定した英会話スクール
それでは各特徴について詳しく見ていきましょう(‘ω’)ノ

英語指導経験豊富なネイティブ講師

限られたレッスンの中での上達には優れた講師が必要不可欠。
シェーンの講師は英語を母国語としたネイティブであり、
おもにCELTA、CertTESOL等の英語指導の国際資格を有した人材を採用しています。
さらに着任前の講師たちには56時間に及ぶ英語指導コース修了を義務づけています。
着任後も教務主任とトレーナーが定期的にトレーニングを行っています。そして明確な目標が英語の上達の鍵。
まずは英語だけのコミュニケーションを図ることから始めましょう。
自然な会話表現をより多く身につけ、自分の意志や気持ちを表現できることを目指します。
シェーンの講師たちがレッスンで一番大切にしていることは、「Student Talking Time」。
生徒さんが話す時間を多く設け、
異なる文化・習慣を理解させながら、レッスンを進めていきます。

公式サイトより

シェーンでは基本的にイギリス出身のネイティブ講師が多くイギリス英語を中心に教えていきます。

イギリスと言えば英語の本家であり、アメリカ英語とはまた違った本来の英語を学ぶことが出来ます。

そんなイギリスのネイティブ講師の中でも特に日本に愛着を持っている講師の方が熱心に指導してくれます(‘ω’)ノ

以下の動画をご覧ください。

これはシェーンの子供英会話の体験レッスンの一部を映した映像なのですが、本当に子供たちが楽しそうに英会話を学んでいる姿が見て取れますね(^^)/

そう、シェーンではバラエティ豊かな色々な方法で体を使って英語を覚えられるように様々な工夫が施されています。

大人のレッスンでは基本的にテキストを使って進めていきますが、上の動画も子供英語ではありますが講師のレッスンに賭ける思いや情熱さなどが伝わってくる動画ですね(*‘∀‘)

体に英語を染み込ませる、正に「英語脳」の構築にうってつけなわけです。

英語脳とは頭の中で日本語で考えず、直接英語で考え事やイメージをしている状態のことです。

そして特にネイティブ講師に関しては基本的に英語を母国語としたネイティブでありCELTA、CertTESOL等の英語指導の国際資格を有した人材を採用しているため優秀かつ信頼性の面でも非常に頼れます(*‘∀‘)

着任前着任後も厳しいトレーニングを怠らないため受講生も安心してレッスンを受けることができます。

では特徴の二つ目を見ていきましょう。

40年間の指導経験のノウハウが結集したレッスン&カリキュラムデザイン

レッスン&カリキュラムデザインル

創業からネイティブ講師による英語指導を行い、
英会話スクールの運営をはじめ、企業や教育機関等への講師派遣、
教材開発、テスト開発、留学にいたるまで
総合的に英語教育事業を展開してきたシェーン。
その指導経験の積み重ねと第二言語習得理論に
基づきながらレッスンをデザインするの
がシェーンの教務の中枢アカデミック部門。
40年間の指導経験のノウハウが結集した
レッスンを行っています。会話中心にコミュニケ―ション能力向上を
学習目的に据えて制作されたオリジナルテキスト、
“Time to Talk“は着実なレベルアップを目指し
綿密にレベル毎のシラバス(授業計画)を組み立てて
います。
話したくなるトピックとそのまま使える会話表現を
ふんだんに取り入れています。
レベルが上がるにつれ自分自身の事柄から一般的、社会的な事柄へとトピックは変わり、
時制も現在から過去、進行形、完了形、異なる時制の組み合わせと難易度が上がっていきます。
自然な会話表現を身につけながら、正しい文法も学べるようデザインされています。
いつでも学べる環境に身を置くことも必要。
そのためのオンライン教材・副教材も充実しています。
レッスン以外にも宿題や自宅学習をしっかり行うことで着実に英語力が身につけられます。

公式サイトより

シェーンは40年間以上も英会話スクールとしてトップクラスの地位を占め続けてきました(‘ω’)ノ

そのシェーンではオリジナルテキストを基に細かく組み立てられたカリキュラムを使って、その人その人に合ったレッスンを展開していきます。

それによって学習の漏れもなくなるし、段階を追って徐々にレベルアップしていくように設定されているので学習の計画も立てやすくなります(^^♪

もちろん自宅学習ありきの話ではありますけどねwww

ネイティブ講師と皆様をつなぐスクールカウンセラー

日本人スクールカウンセラーは、ネイティブ講師と共に皆さまの
英語学習の目標や目的に合わせてレッスンプランをご案内しています。
英語初心者の方も安心してご受講いただけるよう、
ネイティブ講師との間に立ってサポートいたします。
英語学習に関するお悩みや疑問は、日本人カウンセラーにご相談ください。「英語だけのレッスンで理解できるのかしら」
「勤務時間が不規則なので同じ時間に通うのは難しい」等々、
スクールカウンセラーが皆さまのご要望を伺いながら、
よりよいレッスンとサービスの提供に努めてまいります。入学する前も、レッスンがスタートしてからも、
お気軽に声をおかけください。
公式サイトより
シェーンには常に日本人のカウンセラーの方がいます(‘ω’)ノ
なので日本人特有の悩みやネイティブの先生にはなかなか相談しにくい事や心配ごと、学習の方向性に迷ったときなど、色々なシチュエーションで対応してくださいますので、これは使い倒すしかないですね(*‘∀‘)
意外とこういうサポートサービスなどを受けるのをためらっている人も多いのですが、そこはやはり高いお金を払っていますから、あなたの将来のためにも積極的にカウンセラーに相談するようにしましょう(^^)/

英語学習をサポートする続けやすく通いやすいシステム

シェーンは全国に213校(2019年8月現在)。
ご自宅や職場の近くにあるから通いやすく、
すこしでも長く続けていただきたいから、
創業以来続けている「月謝制」や
急なお休みにも対応できる「振替」や
「転校」のシステム。
普段のレッスン以外にも英語力を高めるための
定期的に開催される特別レッスンやイベント、
また学習の成果を確認いただく習得度チェックや
スピーキングクリニックなど、
シェーンでは様々なサービスをご用意しています。
公式サイトより
シェーンの特徴としては全国に213校という英会話スクールの中でも群を抜いて多い校舎数は本当にすごいと思います(*‘∀‘)
実際に管理人は都内の某所に住んでいるのですが、地元の駅なんかにもやっぱりあったりしますもんね。
またもう一つうれしいシステムとしてはシェーンは月謝制のシステムをとっているんです(^^♪
普通のスクールであれば年間のお金をまとめて払うってところも多いんですけれどもシェーンでは月々も支払いのため、最悪途中退会なんてこともできちゃいます(‘ω’)ノまあ退会のことは今はあまり考えないでくださいwww
後は万が一、あなたが急な転勤などで引っ越しされた場合も転校のシステムもありますのでそちらもご活用いただけます。
かなり安心の体制が整ってますね(*‘∀‘)

国際基準の安心 第三者機関が選定した英会話スクール

1993年から「公正な民間外国語教育施設」と認定されたシェーンは、
全国外国語教育振興協会に加盟し、倫理規定を遵守しています。
また2013年3月にISO29990、
2014年7月には大手英会話スクールとして日本初となる
語学学習サービスに特化した
国際規格ISO29991認証を取得しました。
語学学習サービスの質をさらに維持し向上させるために
その取り組みを推進しています

第三者機関が選定した英会話スクール

公式サイトより

そうシェーン英会話はおそらく英会話スクールでは初となる第三者機関に選定された40年以上も安定した地位を築いてきました(^^)/
主にイギリス英語をおしえているのですが、英語を母国語としたネイティブ講師がレッスンすることで本格的な英語を学べます。
月謝制で通いやすくオンライン教材も充実しているため時間をかけてじっくりと英会話を覚えていきたい人には最適です(*‘∀‘)
シェーン英会話の場合はイングリッシュブートキャンプトライズと違って長い時間をかけてじっくりと英会話を学びたい人やマイペースに学習したい人におすすめのスクールですね(‘ω’)ノ
料金体系もアフタヌーンクラスという平日の午後のクラスであれば、月の料金が1万円を切るので手頃かなと思います。
それでいてネイティブ講師がしっかり教えてくれますから学習の環境としては最高です。
ただしレッスン回数がそんなに多いわけではないのでしっかりと復習しないとついていけなくなる可能性はあります(‘ω’)ノそこは注意してください。
先ほども少し言ったように基本的にはオンラインテキストを使って復習をします。
以下に紹介動画をのっけておきます(*^▽^*)

以上がシェーン英会話の紹介になります。

終わりに

以上の3つが管理人がおすすめする英会話スクールですが、英会話スクールを選ぶ際は慎重にあなたの目的や将来に照らし合わせたスクール選びをしてほしいというのが本音です。

もちろん先に紹介した3つのスクールそれぞれにいいところはありますから、その中で一番自分の目的に合致したものを選んでいただきたいと思います(^^♪

出来れば実際に無料カウンセリングなどに足を運んで話を聞いてみるのが一番ですから、積極的に行動するようにしてください(‘ω’)ノ

後悔のない英会話ライフを(*‘∀‘)

それではまた

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました