シャドーイングの正しいやり方は??初心者はこうやってやろう(‘ω’)ノ

シャドーイング

Alanyadk / Pixabay

こんにちは(‘ω’)ノ

今回はお役立ち系の記事を少し書いていきたいと思います(*‘∀‘)

その中で今回はこのサイトでもたびたび登場しているシャドーイングについての正しいやり方について紹介していきたいと思いますので最後までお付き合いください(^^)/

シャドーイングとは??

まずシャドーイングについてよくわかってないあなたのために(ご存知でしたらすいません(;^_^A )

シャドーイングとは何かを簡単に説明していきたいと思います(*‘∀‘)

シャドーイングは「英語の音声を聞いた際に英文を見ないで少し遅れて、その音声をまねて口に出す」という学習方法です(^^♪

例えばThis is a pen という単語がCDなどの音声教材で流れたら、それを追うように0.5秒後くらいに遅れて発音していくというもので、このシャドーイングはリスニングの向上はもちろん、発音やイントネーション、リズムに至るまで、様々な能力の向上に役立つ非常に優秀なトレーニングとして最近は関係者の間でも重宝されています(‘ω’)ノ

通訳などの仕事に就いている方でもシャドーイングを取り入れている方も多いそうです(^^♪

シャドーイングの正しいやり方は??

8385 / Pixabay

さてでは本題に入っていくとしましょう(‘ω’)ノ

シャドーイングの正しいやり方についてですね(^^♪

まずはYoutubeから拾ってきたこの動画を見てください。

とてもきれいなHana先生がシャドーイングのコツについて詳しく解説しているのですが、初心者にもわかりやすく、手順を踏まえて説明してくれているので、段階を追ってレベルアップすることが出来ます(‘ω’)ノ

では中身に関しての説明です。

まずはTEDtalkなどの動画を最初の1回目は字幕付きで一通り観ていきます(*‘∀‘)

それができたら2回目は一文ことに動画を止めて聞こえた音を真似しながら読み進めていきます。

3回目は字幕はつけたままで、今度は一つの文だけではなくて2,3文を観て動画を停止して真似をします(^^)

この時に気をつけてほしいことが声やトーンやジェスチャーを意識してみてください。

4回目はいよいよ字幕を消してみて、1文ごとに真似していきます(‘ω’)ノ

そしていよいよ最後の5回目は字幕はオフ、停止もしないでひたすら文を追って真似していきます( `ー´)ノ

シャドーイングのコツはいかにネイティブになりきるかにかかっています(‘ω’)ノ

その人の息づかいやしぐさに至るまで、すべて真似してみることで英語で大切な何を伝えるかだけでなくどういう風に伝えるかいうことを学ぶことが出来るので英語は体で伝えるものなのだと認識することが出来るのがいい点なんですね(^^♪

このサイトでもたびたび紹介している英会話プログラムでイングリッシュブートキャンプというものがあるのですが、イングリッシュブートキャンプではパッション(情熱)を何よりも重視するため、正にボディランゲージが英語には一番大切だということを体現してるプログラムであります(^^♪

ネイティブ独特の間だったり話出すタイミングの取り方やアイコンタクトなど、とても重要になってきますからね!!!!!

ただ何となく話すだけでは英語は上達しにくいです(*_*)

あとは管理人が思うシャドーイングを正しくやるために必要な要素をお伝えしていきます。

それは基礎力を徹底的につけることなんですね(‘ω’)ノ

中学校でやったこと高校でやったことを総復習します(*^▽^*)

単語や文法、熟語など、総合テキストや薄い単語帳でいいので書店で買ってくるなどして最低3回は通すといいと思います(‘ω’)ノ

管理人の時代だと単語帳はターゲットやZ会から出てる速読英単語などが主流でしたので、そういうのを使うのもいいと思います(^^♪

文法の方は総合テキストがFORESTというものがありますので(あくまでも管理人が使っていたものです(‘ω’)ノ)、そういう総合テキストなどがわかりやすくていいのではないでしょうか。

ただこれもう絶版になっているみたいなので、もし買うのでしたらAmazonやヤフオクなどで買えば、ほぼタダで手に入ることもあるのでそんなので十分でしょう(*^-^*)

この基礎力をつけてるかつけてないかで効果のほどは全然違ってきますから、バカにはできませんよ( ゚Д゚)

それから管理人がもう一つオススメするテキストがあります(‘ω’)ノ

それが安河内先生が出しているゼロからスタート英文法という教材です。

UNITごとにまずは知識を覚えてもらった後に10分エクササイズでUNITで習った知識の確認問題がついてる形になってて非常にわかりやすく楽しく進められる教材になっています(^^)/

以上がシャドーイングの正しいやり方とおすすめの勉強法でした!!!!!

Hanaさんがおすすめするシャドーイングをやってみての感想

実際に管理人がTEDtalkを使ってシャドーイングを練習している動画がこちらです。

プライバシー保護のため顔は控えさせていただきますがwww

このようにシャドーイングの練習をするわけです(*‘∀‘)(この動画ではTEDtalkを使っています(^^♪)

さすがにシャドーイングをやるのはこの時は久しぶりなのでめちゃめちゃつたない発音ですが許してください(;^_^A

でも実際にやってみると難しさももちろんありますけど、やっぱりネイティブの英語は早いのでついていくのが大変です( ゚Д゚)

実際にこうやって記事でああしろこうしろと書いていくのは簡単ですが、いざ自分がやるとそういうものですね((+_+))www

でもこの動画を撮った後も何回か練習を続けているうちにやはり発音や話し方の癖なんかもわかってきます(^^)/

それから管理人のおすすめは初めに日本語の字幕で全体の流れをつかんで、その後に英語字幕でやるというもの(‘ω’)ノ

1回目よりは2回目、2回目より3回目と確実にしゃべれるようになっていることが実感できました(*‘∀‘)

Hanaさんの言っていた通りですね( `ー´)ノ

英会話っていうのはいかに継続してコツコツやるのが大事なんだと痛感させられます(;^_^A

管理人はどっちかというと英語は得意な方でしたが、やはり英会話になって実際しゃべるとなると全然勝手が違います。

ってことはしょせんは受験のためのただの知識であって生きた英語ではなかったということなんですね( ゚Д゚)

英語を英語のまま覚えて、英語で物事を考えられる、いわゆる英語脳に近づくためにはこのシャドーイングは不可欠な学習法になりますので、ぜひ取り入れてほしい学習法です(*‘∀‘)

管理人もできるだけ、より実践に即した動画や画像などの配信とともに英会話の勉強に励んでいきたいと思いますのでよろしくお願いいたします((+_+))

 

イングリッシュブートキャンプ

わずか2日間という短い時間で英語が話せるようになるということを売りにしているイングリッシュブートキャンプです('ω')ノ
今やTVなどでも取り上げられて、劇的に英会話力が向上することでも話題になっています

今現在英語に自信がない方や少しでも自分の殻を破りたい方はこの2日間で人生観が変わるといっても過言ではないです!!!

イングリッシュブートキャンプでの2日間は徹底的なアウトプットをするので自然とあなたの脳が英語で物事を考える「英語脳」へと変わってゆく過程もお楽しみください(^^♪

トライズ(TORAIZ)

1年で1000時間もの学習を課すトライズは継続率と満足率が90パーセント以上を誇る優良英会話コーチングスクールです(^^)/

「本気で英語を身に着けたい人」を対象にしており1日平均で3時間以上もの学習が必要になります( ゚Д゚)

それでもトライズが人気なのはやはり講師やスタッフの温かいサポートと学習プランを自分で自由にカスタマイズできるという、あなたの目的にあったプランを作れるからです('ω')ノ

毎日少しづつ学習を継続してトライズでしっかりと英会話をマスターしていきましょう!!!

シェーン英会話

シェーン英会話はENGLISH FOR LIFE をテーマに掲げ,
全国に200校以上もある超大型英会話スクールです!!!

指導経験が豊富なネイティブ講師

40年間の指導経験のノウハウが結集したカリキュラムとレッスン

あなたとネイティブ講師をつなぐスクールカウンセラー

無理なく通えるシステム

国際基準の安心である第三者機関が選定した英会話スクール

以上の5つの特徴により、シェーン英会話は異文化を理解し、相手と分かり合えるような英語を使ってのコミュニケーション力を育むことを目的としています。

シャドーイング
poripikaをフォローする
英会話スクール徹底比較サイト★★

コメント

タイトルとURLをコピーしました